イクメン親父の奮闘記-3

前回からイクメン親父の奮闘記ということで、子供とのスキンシップのおすすめをお話していますが、今回は引き続いて他のスキンシップの方法をお話します。

これはあくまで我が家の方法ですので、読者の皆さんの方がいい方法を実行されているかもしれませんが、あくまでご参考にということで見ていただければなと思います。

まず、その前に「イクメン」とは?

この言葉はもう全国的に認知されていると思いますが、もしかするとまだご存じでない方もいらっしゃるかも知れませんのでお伝えします。

「イクメン」とは「イケメン」から変形した言葉だと思いますが、イケメンは「イケてるメンズ」の略に対してイクメンとは「育児するメンズ」の「育」と「メン」をひっつけた言葉だと思います。

ですので決して自分でイケてるとは思っていません。(汗)

またイケてる育児をしているつもりもありませんのであしからず!!

あくまでも育児をしている親父なだけです。(*^^)v

では育児というと幼児を対象にした言葉だと思いますが、小学生の子供ではもう育児とは言えない気もしますが、5歳の子と小学生の教育と子供が幼児だった頃のお話を入り交ぜてお話していくつもりですので「イクメン親父」とさせていただいています。

では今日はどんなスキンシップの話かといいますと、今回も小学生の娘二人についてお話します。

この二人は只今6年生と4年生ですが、二人ともバスケットを習っています。

ですので去年の長女の誕生日に、外でできるバスケットゴールを購入しました。

そのバスケットゴールで、私も一緒にバスケットをして遊んでいます。

子供たちにすればメンツが少しでもいた方が練習になるのかなと思い、誘われると時々一緒にやっています。

いまでは娘たちの方が私より上手くなってきていますので、買った甲斐があるなと思っています。

スキンシップといえば、他にも次女に、この前「Sボー」とやらを買いまして、長女には「スケボー」を買いました。

その両方も一応私も時々乗って遊んでいます。(*^-^*)

※Sボーとはスケボーに似た乗り物ですが、車輪というかタイヤが前後一個ずつの乗り物です。スケボーは4個ですが、Sボーは2個なので止まるとひっくり返る乗り物です。

Sボーの次女は二日目でもうすでに私より上手くなって、いつまでも足を付かずに乗っています。

子供の上達は本当に早いですね。(^^♪

最近スマホを「貸して」といってゲームやユーチューブばかりでしたので、少し外で遊べるものが増えて少しホッとしています。

また、冬も越して春になり少しづつ暖かくなってきましたので、これからがまた楽しみです。

しかし長女は小学校生活ももう残りわずかで、これから中学校の生活が始まろうとしていますので、これまで通り素直に親父と一緒に何かをするということもなくなってくるのではないかと思います。成長した喜びの反面巣立っていく寂しさを最近少しづつ感じています。

ここ最近まで次女が遅い一時反抗期だった気がしていましたが、それも徐々に収まってきたのですが、最近まで素直だった長女が少し反抗的になってきたのではないかと感じています。

私は、先ほどスマホを子供に貸すといっていましたが、皆さんはどうでしょうか?

スマホは視力低下や姿勢が悪くなるとか。

何かと心配される声も聴きますが、全く与えずに過ごすよりも少しはいいかなと思っています。

そんな理由も次回お話していこうかなと思っています。

ゲームやテレビもそうです。また携帯電話を買い与えるということ。

他にはクリスマスをするってことなどについてもお話ししていこうと思っています。

今回は小学生とのスキンシップの一つに、屋外でできるものを取り入れるといいなというお話でした。

では今回はこの辺で失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です