イクメン親父奮闘記-4

今回は子供とのふれあい方(しつけ)というテーマでお話をさせていただきます

私には12歳になる長女と10歳の次女と5歳の息子がいます。
その為子供の父親になって12年が経ちます。
今回は子供のしつけについて私なりの価値観でお話ししたいと思います。
これは、私がいいと思ってやっていることであって何も皆さんに上から目線で分かったように教えてあげるということではありません。

あくまでも私の見解で話しますのでご理解のほどよろしくお願いします。

では今回は「しつけ」というテーマで話しますが、これは子供を自分の価値観で方向づけるということではありません。

また教育するということでもありません。

あくまでも子供が間違ったときにどういう風に接しているかということです。

なぜなら私も五才の息子の父親として父親五歳なので、できるだけ共に成長したいと思っています。

育児とは育自でもあります。
今回は特に幼い五歳の息子のしつけをお話しします。

基本的には私は幼児でもるときはきっちり叱りますが、ここは叱る必要がないと思うときは子供の首や脇をこちょばして行動を変えさせます。

(笑)
子供に叱ったり言葉で教えて分からせるということは大事なことかもしれませんが、常に怒ってばかりいると子供が委縮すると思うからです。

またこちょばすことでお互いが笑顔になるので良い行為だと思います。

怒ると家庭の空気が暗くなりますが、こちょばすと家庭が明るくなりますよ!(*^^)v

例えば保育所に行く前にいつまでも着替えずにいたり「お風呂に入ろう」といってもいつまでもオモチャで遊んでいるときやご飯を一緒に食べようと思ってもなかなか椅子に座らないときによく使います。

これで効果があるのでわざわざ起こる必要はないと思います。

同じ効果なら楽しい方がいいですよね。

それに子供に触れることでいいスキンシップになります。
大人は子供のせいで自分のしたいことができない状態のときに怒りがちになりますが、そんな時こそ逆に怒ってはいけないと思います。

怒るときは自分の都合ではなく危ないことをしたり、人に危害を加えたり、嘘を言ったりしたときに「それはしてはいけないよ」と分からせる為にしっかり怒って聞かせなくてはいけないと思います。

そのときに、しつけの為にわざと怒って聞かせることはいいと思いますが、自分の都合で感情的に怒ることはできるだけ避けたいものです。

また常に起こることはマンネリ化しますが、たまに起こることで非常事態だと思わせる効果もあるのではないかと思います。

しかし、これはあくまでも小学校低学年までの方法です。

小学生(特に高学年)の娘にこちょばすと気持ち悪がられる可能性もあります

(汗)

そして幼子でもいつもこちょばすということではなく子供の気を引いて他のものに目をむけさせたりなど他のテクニックも使います。

小さな子供は今夢中になっているものでも他の興味を引くものを見せるとすぐにそちらに夢中になるように思います。

(*^-^*)

そんなことで今回は叱るばかりでなく簡単に笑顔になれて行動を変えさせる方法をご紹介させていただきました。

あくまでも私の主観ですが、おすすめです!

イクメン親父の奮闘記-3

前回からイクメン親父の奮闘記ということで、子供とのスキンシップのおすすめをお話していますが、今回は引き続いて他のスキンシップの方法をお話します。

これはあくまで我が家の方法ですので、読者の皆さんの方がいい方法を実行されているかもしれませんが、あくまでご参考にということで見ていただければなと思います。

まず、その前に「イクメン」とは?

この言葉はもう全国的に認知されていると思いますが、もしかするとまだご存じでない方もいらっしゃるかも知れませんのでお伝えします。

「イクメン」とは「イケメン」から変形した言葉だと思いますが、イケメンは「イケてるメンズ」の略に対してイクメンとは「育児するメンズ」の「育」と「メン」をひっつけた言葉だと思います。

ですので決して自分でイケてるとは思っていません。(汗)

またイケてる育児をしているつもりもありませんのであしからず!!

あくまでも育児をしている親父なだけです。(*^^)v

では育児というと幼児を対象にした言葉だと思いますが、小学生の子供ではもう育児とは言えない気もしますが、5歳の子と小学生の教育と子供が幼児だった頃のお話を入り交ぜてお話していくつもりですので「イクメン親父」とさせていただいています。

では今日はどんなスキンシップの話かといいますと、今回も小学生の娘二人についてお話します。

この二人は只今6年生と4年生ですが、二人ともバスケットを習っています。

ですので去年の長女の誕生日に、外でできるバスケットゴールを購入しました。

そのバスケットゴールで、私も一緒にバスケットをして遊んでいます。

子供たちにすればメンツが少しでもいた方が練習になるのかなと思い、誘われると時々一緒にやっています。

いまでは娘たちの方が私より上手くなってきていますので、買った甲斐があるなと思っています。

スキンシップといえば、他にも次女に、この前「Sボー」とやらを買いまして、長女には「スケボー」を買いました。

その両方も一応私も時々乗って遊んでいます。(*^-^*)

※Sボーとはスケボーに似た乗り物ですが、車輪というかタイヤが前後一個ずつの乗り物です。スケボーは4個ですが、Sボーは2個なので止まるとひっくり返る乗り物です。

Sボーの次女は二日目でもうすでに私より上手くなって、いつまでも足を付かずに乗っています。

子供の上達は本当に早いですね。(^^♪

最近スマホを「貸して」といってゲームやユーチューブばかりでしたので、少し外で遊べるものが増えて少しホッとしています。

また、冬も越して春になり少しづつ暖かくなってきましたので、これからがまた楽しみです。

しかし長女は小学校生活ももう残りわずかで、これから中学校の生活が始まろうとしていますので、これまで通り素直に親父と一緒に何かをするということもなくなってくるのではないかと思います。成長した喜びの反面巣立っていく寂しさを最近少しづつ感じています。

ここ最近まで次女が遅い一時反抗期だった気がしていましたが、それも徐々に収まってきたのですが、最近まで素直だった長女が少し反抗的になってきたのではないかと感じています。

私は、先ほどスマホを子供に貸すといっていましたが、皆さんはどうでしょうか?

スマホは視力低下や姿勢が悪くなるとか。

何かと心配される声も聴きますが、全く与えずに過ごすよりも少しはいいかなと思っています。

そんな理由も次回お話していこうかなと思っています。

ゲームやテレビもそうです。また携帯電話を買い与えるということ。

他にはクリスマスをするってことなどについてもお話ししていこうと思っています。

今回は小学生とのスキンシップの一つに、屋外でできるものを取り入れるといいなというお話でした。

では今回はこの辺で失礼します。

イクメン親父奮闘記ー2

イクメン親父奮闘記 2

二回目の投稿になります。

私が「イクメン」かどうかということをお話ししたいと思います。

まず、子育てについては父親の私より母親である妻のほうが
あらゆる面で彼女のほうが上にいます。

それは、子供への愛情や、子供が感じる愛情、そして子供に接している時間など
すべて母親にはかなわないと思っています。

私は以前長女が2歳で次女が0歳の時に1年間単身赴任していたことがあります。
そんな過去を振り返ると本当に私が子供と触れ合った時間は妻にはかなわないと思っています。

でも最近は我が家の情勢も変わり母親である妻のほうが
仕事で家を留守にしていることが多いかもしれません。

私は我が家が自営業でもうすぐ代表を交代する時期でもあり
私が家にいることの方が多いからです。

彼女は非常勤ながら中々引っ張りだこで、
何かと忙しくしています。

そう思うと女性が家庭を守り男性が社会に出て働くという形態は
もう過去のものになったなとつくづく思います。

で、私は現在もうすぐ中学に上がる長女と現在10歳の次女と5歳の長男の父であります。

その三人が帰ってくる時間(小学校と保育園)が大体4時ごろです。
そのときに私は息子を車で迎えに行って

小学生の二人が帰ってくることを家で待ちます。

息子はあまり言いませんが女子二人は大体帰ったら「お腹すいた」って
言いますのでおやつを買って帰ったりします。

そこで私は必ず子供のおやつを横から貰います。(^^♪

私はもともとそんなにおやつに執着がなかったのですが
最近は子供につられて欲しくなることが多くなりました。

でも、言い訳みたいになりますが、(汗)

本当は子供におやつをもらうことで
彼女らとコミュニケーションをとっているつもりなんです。

ほ、本当ですよ!

何もないより「ちょっと頂戴。」て言って「いややっ」っていう
彼女らを追いかけまわしてでも貰う私です。

(^^♪

嫌がりながらも渋々くれたりします。

そんなことをしていると逆に私だけ食べているときには必ず
奴らは「前あげたやろ」”(-“”-)”

って貰いに来ます。

そんな感じで私は親というよりは友達感覚で接することに
成功していると思っています。

ただの親という立場ともう一つ友達か兄弟のような感覚を持つことが
今後ずうーっと続く子供とのスキンシップになっていいと思っています。

今日は私がイクメンがどうかという側面から子どもとのスキンシップの方法をお伝えしました。

ご参考に!

おすすめブログ その① イクメン親父奮闘記

初めましてイクメン親父ノンといいます。

今日からブログを書いていこうと思います。

世間的なイクメンかどうか (汗)

はさておき3人の子供をもつ40代の父親です。

名前のノンは時には呑兵衛になるときがありますのでそのノン(呑)でもあります。

まあ固いことは抜きにして3人の子を持つ40代の親父がどんな生活をしているか気楽に見て行っていただければと思います。

初日の今日は今後どんなブログを書いていくのかを紹介して終わろうと思います!!

まずタイトルにもありますように、おすすめブログ その1 イクメン親父奮闘記として書いていきます。

内容は、普段の子供との接し方や家族生活の知恵などおすすめのものがあれば紹介していこうと思います。

また、家庭で使える便利なグッズなどおススメな物をみつけた場合もご紹介していこうと思います。

また、財テクなど生活費の捻出方法もいいものがあればご紹介したいと思っています。

できる限り老若男女様々な人に末永く読んでいただけるものにしていきたいと思っていますので今後ともよろしくお願いいたします。